貝毒の症状!あさり牡蠣はまぐりを潮干狩りする時の注意点

スポンサードリンク
Pocket

GW初夏や潮干狩りのシーズン、貝毒が猛威を振ってます。あさりや牡蠣、はまぐり等が中毒症状を引き起こしやすい二枚貝と言われてます。あさりや牡蠣、はまぐり等を潮干狩りしたりする皆様は、貝毒の症状などの基礎知識に興味ありますよね?今回は貝毒の症状、あさり牡蠣はまぐりを潮干狩りする時の注意点などについて、まとめました。

スポンサードリンク

貝毒とは?その症状は?

貝毒とは、主に食用の貝などにおいて、人間に有害な毒素が貯まり、中毒症状を起こす事を主に指します。(4月から5月など海水が暖かくなるシーズンに)毒性のあるプランクトンが大量発生。毒性プランクトンを捕食した貝類が、その毒素を蓄積する事によって、貝が貝毒を保有し始めます。

貝毒を症状別に分類するとおよそ以下の通りに分類できます。なお、下記にある

下痢性貝毒

症状 激しい下痢、吐き気、嘔吐など、消化器系の食中毒症状だが、致命傷にはなりにくい。
潜伏期間 食後後 30分~3,4時間
対象の貝 ほとんどの二枚貝。ホタテガイ、ムール貝、アサリ、ホッキガイ など

 

麻痺性貝毒

症状 フグの毒に似た、麻痺。
潜伏期間 食後後 30分~3,4時間
対象の貝 ヒラオウギ、アサリ、牡蠣、ヒオウギガイ、ホタテガイ、ムール貝、キンシバイ、マボヤ 等

神経性貝毒

症状  口の中のほてり、運動失調など
潜伏期間 食後後 24時間~48時間
対象の貝 牡蠣、タイラギなど

記憶喪失性貝毒 

症状 最悪の場合は記憶喪失あるいは中毒死。原因は、貝毒であるドウモイ酸による海馬の破壊。
潜伏期間 実例による検証例が少ない。(海外では集団食中毒事件がかつて1987年にあった) 
対象の貝 ムール貝

 

外傷が原因

症状  呼吸器の麻痺
潜伏期間 数分 
対象の貝 イモガイ。(イモガイの口から伸びる毒銛に刺される事により発症する)
備考 イモガイの毒は加熱すれば解毒される。しかしその毒には血清がないため、

 

巻貝(ツブ)中毒

症状 視覚異常やめまい 
潜伏期間  実例による検証例が少ない。
対象の貝 ツブ貝、エゾボラモドキ、ヒメエゾボラガイなど

 

あさりや牡蠣、はまぐり等を潮干狩りする時の注意点

潮干狩りなどいくつかの注意点を守れば、貝毒の危険性を回避できるかもしれません

地方自治体などの貝毒

地方自治体などでは、赤潮などの異常現象を報道してます。貝毒が検出された場合においても、地方自治体が危険性を告知しています。

「隠れスポット」での潮干狩りは避ける

隠れスポットは、公的機関の目が行き届いていない事が往々にしてあります。公的機関のチェックが入っていない分、もし貝毒に侵された貝があったとしても、その確認作業は誰もしていないと言えます。確実に貝毒を避けたい場合には、隠れスポットでの潮干狩りを避けるべきかもしれません。

クジラやシャチの変死体のニュースがあった海岸をさける

クジラやシャチの変死の原因が、貝毒の原因になる有毒プランクトンにある事があります。もしクジラやシャチの変死体が近隣の海域で報道された場合、貝毒に侵された貝が近隣の浜辺で大量発生している可能性があります。もしニュースの速報などでクジラやシャチの変死体が発見された場合には、地方自治体の報道が追いついていない可能性を考慮して、その海域での潮干狩りを避けるべきかもしれません。

 

【まとめ】貝毒の症状!あさり牡蠣はまぐりを潮干狩りする時の注意点

潮干狩りをする際には、公的機関の情報を拠り所にして、安全確実に潮干狩りをしましょう。以上まとめでした!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です