新千歳空港のお土産!海産物店の銘品5選!

スポンサードリンク
Pocket

新千歳空港でお土産を買う時、どれにしようか迷いますよね。北海道は海産物が有名です。新千歳空港ちかくの海産物店で銘品を探そうという人もいると思います。今回は新千歳空港の海産物5選を選んでみました!

スポンサードリンク

釧路港市場の「いくら醤油漬け」

このいくらはお土産として最適でしょう。

場所 新千歳空港 国内線ターミナルビル2F
営業時間 午前8:00~午後8:00
電話番号 0123-46-2151
URL 空港サイト:https://goo.gl/X3YzSy
公式サイト:https://goo.gl/9t3Kk7

なぜなら、冷凍させておけば、解凍しても5日間くらいなら保存が効くからです。ここの「生うに」も有名ですが、いくらの醤油漬けの方が保存に優れています。使われている調味料は天然のモノだけなので、身体にも優しいです。保存にも優れて、身体にも優しい、北海道グルメが味わえる最高峰のお土産と言えるでしょう。

 

 

佐藤水産 の「鮭ルイベ漬」

佐藤水産の「鮭ルイベ漬」もベストセラー商品です。

場所 新千歳空港 国内線ターミナルビル2F
営業時間 午前6:45~午後8:00
電話番号 0123-46-5826
URL 空港サイト:https://goo.gl/PZu9c3
公式サイト:https://goo.gl/9t3Kk7

「鮭ルイベ」には、この上なく ご飯にマッチします。ルイベの由来は、「ル=溶ける、イべ=食べ物」というアイヌ語です。トロトロの生鮭とイクラの醤油漬けが、多くのファンを魅了してきました。醤油漬けになっている分、北海道の海産物の中では比較的保存に優れた方と言えるでしょう。ゴロゴロとした鮭の食感に、つぶつぶのいくらが入って贅沢な一品と言えます。人によってはレモンをかけて、爽やかなテイストにされる方もいらっしゃるみたいですね。

 

出塚水産の「珍味かまぼこシリーズ」

スケトウダラのかまぼこではなくて、こちらは北海道の珍味でできたカマボコです。

珍味かまぼこ(袋)

場所 新千歳空港 国内線ターミナルビル2F
営業時間 午前8:00~午後8:00
電話番号 0123-45-8533
URL 空港サイト:https://goo.gl/xiZAWc

出塚水産のカマボコのうち、とくに有名なのは「珍味ホタテ」でしょう。かまぼこ1つに約400円とすこし値段がはりますが、十分みあう味です。ホタテの濃厚な味が、脇役のイメージが強いカマボコ観をくつがえすでしょう。お酒とつまみにするのが最高です。

余談ですが、揚げかまぼこを提供している系列店もあります。揚げたてカマボコも絶品で、道民からはこよなく愛されています

港町市場 の「かじかの子」

これもご飯を進ませる銘品です。

場所 新千歳空港 国内線ターミナルビル2F
営業時間 午前8:00~午後8:00
電話番号 0123-46-5843
URL 空港サイト:https://goo.gl/PZu9c3
公式サイト:https://goo.gl/Y3Q2iC

かじかとは、日本固有の魚の一種です。かじかの子は、着色料や保存料を使わず、特製の醤油だれにつけこんだ 一品です。そのプチプチした食感から、愛好家の間では「増毛のキャビア」と言われています。カジカの子はもともと、北海道の郷土料理だったらしいのです。一部の北海道の企業が10数年前に製品化して、北海道の銘品として知られるようになりました。加工品の部類になるため、純粋な生物より日持ちがするため、こちらもお土産としてはいい一品と言えるでしょう。

知床三佐ヱ門本舗 の乾物

こちらのお店は、乾物を主に扱っています。

場所 新千歳空港 国内線ターミナルビル2F
営業時間 午前8:00~午後8:00
電話番号 0123-46-2161
URL 空港サイト:https://goo.gl/nAhJh6
公式サイト:https://goo.gl/CczkCm

鮭とばや開きたら は小さいサイズのモノもあるため、自分用のおみやげとしてもOKでしょう。炙ってマヨネーズをかけたりしても、味の変化が楽しめて美味です。干し昆布も持ち帰りにベターでしょう。個人的には、鮭節も面白い品だと思います(かつお節ではなくて、節です)

周りの知人にあげる分には、生物に近いお土産の方が喜ばれるかもしれません。ただ、乾物であれば、しばらくは北海道観光の名残を味わえるため、自分用のお土産としては楽しい一品になると思われます。こちらのお店は乾物が有名ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

【まとめ】新千歳空港のお土産!海産物店の銘品5選!

いかがでしたでしょうか。いつも食べているカマボコや鰹節の、絶品 変わり種バージョンが楽しめる北海道。乾物や醤油漬けの方が保存が比較的しやすいかもしれないという事で、今回は加工品を中心に、海産物を紹介させて頂きました!

今回は、お土産という事で、加工品ではない「毛ガニ」などは外しましたが、こちらもオススメです。北海道のお土産屋さんで、舌と目を楽しませるような海産物に出会えるといいですね。以上まとめでした!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です