冷やし中華の付け合わせスープおすすめ5選!

スポンサードリンク
Pocket

【カンタン!】冷やし中華は夏の風物詩として最高ですよね。冷やし中華の付け合わせのスープに何にしようか迷う時ありませんか?今回は、冷やし中華の付け合わせスープおすすめ5選をまとめてみました。ポイントとしては「1:冷やし中華の味をひきたてる中華テイスト」「2:カンタンにつくれる」という事を選定基準にしました。

 

スポンサードリンク

冷やし中華の付け合わせスープ を選ぶにあたり

今回、冷やし中華が中華系の味なので、付け合せのスープも中華風という事で選んでみました。また、冷やし中華がお腹を冷やすので、付け合せのスープは温かみのあるスープを主に選びました。(冷静スープにしても、悪くないものも一部含まれてます)

中華風みそ汁

いつもの味噌汁にごま油を加えるだけでも、中華風みそ汁になるのですが、今回は夏野菜のセロリを使ったレシピを紹介したいと思います!

材料4人分

A:ベースのだし汁
・お好きなだし汁 4カップ
・セロリ 1本(160g・細切り)
・しいたけ 4枚(薄切り)

B:香り付け
・みそ 大さじ1
・すり胡麻 大さじ1より やや少なめ
・すりおろしニンニク お好みで

C:お好みのトッピング
・しょうが 1片(12g・幅1mmぐらいの細切り)
・ラー油 少々

作り方
Aを中火で煮て、沸騰したら 2分程度 弱火にかけます。その後、B 、C の順で上から香り付けをするだけです。

セロリの爽やかな香りが夏らしさを醸します。そして、ごま、にんにく、しょうが、ラー油のおかげで血行が促進されて、身体を軽く火照り、夏らしさが感じられると思います。身体を冷やしたい場合には、ラー油を多めにかけるといいと思います。

 

とろみある卵スープ

こちらは王道の中華スープです。

中華たまごスープ

材料4人分
A:ベースのスープ

・水 1000cc
・鶏がらスープの元 お好みで
・醤油 お好みで
・胡椒 お好みで
・もやし 1袋

B:水溶き片栗粉
・片栗粉 大さじ2
・水 大さじ2

C:卵 2個

作り方
1:洗ったモヤシの水分を切る。

2:Aを火にかける。もやしの硬さが少し残る程度まで煮る
3:Bの水溶き片栗粉を少しずつ入れて、とろみをつける。
4:溶き卵Cを箸でかき混ぜながら入れていく。

お好みで青ネギやラー油を加えても、いいかもしれませんね。簡単に作れる中華スープです。

わかめスープ

このワカメスープは、すぐにつくる事ができて、非常におすすめです。

中華わかめスープ(お湯を注ぐだけ!)

材料  4人分
・鶏がらスープの素(顆粒)大さじ1
・醤油 小さじ2
・白ねぎ(みじん切り)大さじ1
・乾燥わかめ 大さじ2
・白ごま お好み
・塩 お好み
・こしょう お好み
・お湯 800cc

作り方
すべての具材をお椀にいれて、お湯を注ぐ。

これは本当に一瞬でできます。しかも、白ネギを冷凍しておけば、後はすべて保存のきく乾物です。保存にも優れて、すぐにできる最高の付け合せスープと言えるでしょう。冷やし中華に手間がとられる分、時間は短縮して行きたいですよね。

ワンタンスープ

こちらのワンタンスープは餃子の革を使ったワンタンスープです。ですが、それでワンタン風がカンタンに演出できてしまいます・・・。

材料 4人分

A:ベースのスープ
・お湯 800cc
・中華顆粒だし 大さじ2
・★酒 大さじ1.5
・★醤油 大さじ1
・豚ミンチ 150g

B:サブの具材
・もやし 1袋
・ニラ(あるいは青ネギ) 1/4束
・餃子の皮 1袋の半分

C:香り付け
・すりゴマ 大さじ1
・ごま油 大さじ2

作り方
1:まず、Aを日にかけて沸騰させる。ひき肉に火を通す。

2:5cm間隔で刻んだニラ(あるいは青ネギ)、もやし、を投入して、さらに沸騰させる。
3:餃子の皮を半分に切る。その後、くっつかないように、1枚1 枚丁寧にいれる。
4:香りづけするために、残りの具材Cを投入する。

 

牛テールスープ

煮詰める時間が約7時間はかかりますが、こちらの牛テールスープもカンタンにできます!。

 

簡単☆栄養満点☆牛テールスープ

材料 4人分
和牛テール 200g

白ネギ 3本
生姜 お好み
にんにく お好み
塩 お好み

お湯 随時投入(レシピ参照)

 

作り方
1:臭み消しの下ごしらえとして、和牛テールと白ネギ1本を15分くらい下茹でします。

2:いったん、この和牛テールをザルにあげて、かるく水で洗います。下茹でした汁は捨ててしまっても大丈夫です。
3:和牛テールと、残りの具材を投入してコトコト煮詰めます。(この時シャトル鍋という保温鍋を使うと、4でお湯の継ぎ足しをしなくて済みます)
4:3時間くらいずっと煮詰めていきます。水が蒸発しますが、テールがいつも浸る程度にお湯は注いでいきます。(この段階で油がでてきます。さっぱりした味がお好みの方は、この上澄み油をよけて保存します。この油は、カレーなどに使えます)
5:さらに4時間煮込みます。ここで一旦完成です。

6:味を寝かせたい人は、一晩ココでおいておくと、熟成した落ち着いた味わいになります。翌日、火にかけてアツアツを召し上がると、カンタンに凝った味わいのスープが出来上がります!

 

【まとめ】冷やし中華の付け合わせスープおすすめ5選!

冷やし中華は少し時間がかかる分、付け合わせのスープには時間をかけたくないですよね。

今回は、手軽にできて、味わいを中華テイストで統一できるおすすめスープを紹介してみました。以上まとめでした!

 

関連記事はコチラ!

冷やし中華のたれをアレンジ!おすすめレシピ7選!

冷やし中華をカロリーオフする簡単な方法おすすめ4選!

冷やし中華の付け合わせの肉料理おすすめ5選!

冷やし中華の付け合わせ料理は?副菜おすすめ12選!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です