害虫駆除の料金相場は?害虫駆除業者と害虫駆除剤の徹底比較

スポンサードリンク
Pocket

【比較表まとめ付】コスパのよい害虫駆除に必要な知識は、大きく分けて3つあります。「料金相場」「害虫駆除業者や害虫駆除剤それぞれの長所短所 理解」「選び方」です。害虫駆除業者や害虫駆除剤、それぞれの比較表があると効果的に害虫駆除できるでしょう。料金相場や選び方など、害虫駆除業者や害虫駆除剤を使うヒントを解説します。

スポンサードリンク

害虫駆除の比較表:料金相場 / 長所短所 / 選び方のコツ まとめ

比較表は以下の通りです。

 手法 料金相場 用途 長所 短所 選び方のコツ
害虫駆除業者 10000-70000円

(対象の生物次第。ネズミはもっと高額だが、自力で根本対策するのはほぼ不可)

トータルケア

・駆除前の生息調査
・多面的な対策
(薬剤/駆除機/穴塞ぎ等)
・駆除後の定期確認

業者を選べば確実 高価 専門とする対象生物を限定した、地元密着型の中小規模の業者 (理由や選び方などは後述)
害虫駆除剤や害虫駆除機 1000円-6000円

(対象生物、場所、個数などで変化。製品単体は数千円程度)

場所別ピンポイント対策

例:アブラムシが度々いるのを確認できた植物、ネズミが発生する天井裏、発見できたシロアリの巣など (認識できてない要所の設置漏れがありうる)

安価 分析や試行錯誤、事前知識が必要 (適用可能な場所、個数、安全性など)

失敗している間は即効性が期待できない

対象生物別。通販サイトなどで選べばOK  (対象生物別オススメ商品は後述)

害虫駆除業者の比較まとめ

害虫駆除業者それぞれの比較ができると、ベストな害虫駆除業者が選べるかもしれません。

害虫駆除業者の料金相場

害虫駆除の料金相場は以下の表の通りです。

種類 最小単位 最小単位あたりの値段 年単位の定期契約の料金 備考
ゴキブリ 作業 1回 一般家庭:10000~35000円
店舗など:20000~50000円
一般家庭:40000~65000円
店舗など:40000~100000円
業者によっては定期サービスを複数回実施
シロアリ 土地 1坪 3000~15000円 なし。代わりに、1-5年程度の成果保証をする業者が多い 地元業者の方がコスパがいい
ハチ 巣 1つ 5000-50000円 基本的になし 蜂の駆除する助成金制度のある自治体もある。駆除料金は、蜂の種類や巣のサイズなどで変わる。
ムカデ・ヤスデ 土地 1坪あるいは戸建て1軒 土地1坪:15000-50000円
戸建て1軒:30000-150000万
基本的になし 年単位の成果保証ある業者を選ぶと確実
ダニ 畳 1畳
部屋 1つ
畳 1畳:700-3000円
部屋 1つ:20000円
20000-50000円 徹底的対策なら年単位保証付き業者を、部屋単位で契約。簡易的対策なら、家はバルサン、衣類は太陽光/乾燥機/熱処理。皮膚の弱い人が家族にいるかどうかで、化学的薬品を使うか判断。
ネズミ 生息エリア1つ
家庭(店舗)ごと
生息エリア毎:500-30000円
(手法次第)
家庭:30000-80000円
店舗:100000-250000円
定期契約は引き受けていないケースがほとんど。部分対策作業ごと、あるいは一連の根本対策作業ごとに、報酬をお支払するケースが多い。根本対策なら、年間3-6回程度の作業が普通。 部分対策なら数千円から数万円単位。防鼠工事 (ネズミが出入りする穴塞ぎ)といった根本対策に、10数万円かかる場合が多い。鼠駆除用の超音波発生装置と粘着マットを併用すれば対処可能できるケースもあり。しかし、非常にやっかいなので、根本的対策を業者に依頼するのがベスト

コスパがよくて信頼できる害虫駆除業者の選び方のコツ

害虫駆除業者を選ぶコツはこの4点です。

  • 地域密着型
  • 駆除対象の専門生物がピンポイント
  • 過剰なアピールをしない質実剛健な社風
  • 料金設定が明確

この4点をチェックした方がいい理由を以下 説明します。

地域密着型

ローカルな中小零細企業は、地域コミュニティの信頼を損なう対応をすると、すぐに廃業せざるえなくなる所がほとんどです。個人や少人数で行っているところは、ローカルな信頼を非常に大切にしています。長年にわたって地元民の信頼を得ている業者は、堅実に仕事をしている事が多いです。

また害虫駆除の分野は、資金力ある大手と地元の中小零細企業で、作業のきめ細やかさにほとんど違いがありません。むしろ、昔ながらの親方が弟子たちを丁寧に教育できる、地域密着型 中小零細企業の方が堅実な事もザラといえます。手技の細かさや顧客対応で勝負している、昔ながらの地域密着型 中小零細企業の方が、害虫駆除などの分野では確実です。

駆除対象の専門生物がピンポイント

害虫駆除はプロの世界です。特定の害虫それぞれのイレギュラーなケースが、地域や種類や被害状況で多々あります。ゴキブリ、シロアリ、蜂、ネズミそれぞれで求められる手法が異なるのです。特化した知識や経験を元に適切な対応をする業者の方が、良い仕事をする傾向があります。

過剰なアピールをしない質実剛健な社風

近年は、ネット広告の手法が発達し、過剰なアピールをする企業が業界問わず増えてきました。余計なアピールをする会社には飛びついてしまいがちです。ですが、その企業のホームページや実績を見て、電話や資料請求で問い合わせすれば、信頼できる企業かどうかの判断は、だいたいつくでしょう。ある程度 判断をじっくりすれば、判断ミスがグッと減ります

料金設定が明確

害虫駆除は時に再発が起こり得るものです。年間単位の成果保証があるか、イレギュラーなケースで追加料金が取られないか、確認しましょう。電話対応した際に担当者の名前をメモに記録したり、見積書を紙で頂いたり、相見積もり(同時に複数の会社を見積もりする事)をして、確実な契約を心がけたいものです。

害虫駆除剤(害虫駆除機)の コスパよい人気商品

通販サイトで高評価レビューの多い 人気商品(害虫駆除剤・害虫駆除機) はどれなのでしょうか?まずは代表的商品とその注意点について見ていきましょう

使用場所 代表的な生物 代表的な商品 備考
屋外 シロアリ・ムカデ・ヤスデ 粉末タイプ万能薬 虫それぞれに対応する個別商品を買うよりも、虫を近づけたくない場所ピンポイントに、万能タイプの薬剤を撒いた方が手軽。化学薬品を巻きたくない場合、別途対策が必要
屋内 ゴキブリ・ノミ・ダニ ・バルサン
・高温スチーマー
・粘着マット
肌に弱い人がいるなら、バルサンはNG。高温スチーマーや布団乾燥機があれば、日常的にダニ対策ができる。
ネズミ ・ネズミ用の粘着シート
・超音波発生装置
ネズミ用の粘着シートと超音波発生装置で対処可能なケースもあり。その場合には駆除道具を複数種類併用し、個数や場所を試行錯誤する必要あり
・ネズミが出入りする穴がある場合、直接穴を塞ぐ事が根本的対処の決め手。しかし、素人では難しい

屋内で害虫駆除できる人気商品

ダニ・ノミ、そしてゴキブリを退治するための人気商品は以下の通りです。

 

非常によく売れている商品です。高温スチームでノミやダニを駆除できます。肌が弱い人がいる家庭でも使える点幅広い場所と用途で使える点が人気の秘密です。日常的な対策には非常に有効です。

 

布団のダニやノミを退治できる一品です。梅雨でも衣類や枕や布団を家で乾かす事ができる多機能商品で、一家に一台にあっても損はないでしょう。筆者の実家にもあります

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アース製薬/虫コロリアース パウダースプレー 450mL
価格:707円(税込、送料別) (2018/6/7時点)

 

窓際などで部分的にかける商品。バルサンを何回もかけるのは現実的でないので、窓際や玄関で予防するための普段使いとしては、こちらも悪くないでしょう

屋外で害虫駆除できる人気商品

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アース製薬 虫コロリアース(粉剤) 550g
価格:598円(税込、送料別) (2018/6/7時点)

 

コレ一本あれば、もう他にはいらないでしょう。 場所を指定できる万能タイプだという点がポイントです。ただ、家庭菜園などをする場合には、安全性の観点からこれは向きません。ハーブやお酢を使った手法など、参考記事にまとめた害虫対策を勉強する必要があります。(参考記事はこの記事の最後にまとまっています)

ネズミを駆除できる人気商品

もし自力駆除を試みる場合には、道具の必要個数や配置場所を試行錯誤する事が必要でしょう。ネズミの穴の場所と、動き回るルートを把握してから、試行錯誤しましょう。

 

楽天で一番人気のある商品の一つ。装置単独で使うのではなく、粘着マットと同時併用するのが基本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼリア新薬工業 ねずみタイホ ねずくるりん 2枚入り
価格:1382円(税込、送料別) (2018/6/7時点)

 

典型的な粘着マットです。

【まとめ】害虫駆除の料金相場は?害虫駆除業者と害虫駆除剤の徹底比較

最後にもう一度、害虫駆除業者に依頼した時の相場を掲載します。

種類 最小単位 最小単位あたりの値段 年単位の定期契約の料金 備考
ゴキブリ 作業 1回 一般家庭:10000~35000円
店舗など:20000~50000円
一般家庭:40000~65000円
店舗など:40000~100000円
業者によっては定期サービスを複数回実施
シロアリ 土地 1坪 3000~15000円 なし。代わりに、1-5年程度の成果保証をする業者が多い 地元業者の方がコスパがいい
ハチ 巣 1つ 5000-50000円 基本的になし 蜂の駆除する助成金制度のある自治体もある。駆除料金は、蜂の種類や巣のサイズなどで変わる。
ムカデ・ヤスデ 土地 1坪あるいは戸建て1軒 土地1坪:15000-50000円
戸建て1軒:30000-150000万
基本的になし 年単位の成果保証ある業者を選ぶと確実
ダニ 畳 1畳
部屋 1つ
畳 1畳:700-3000円
部屋 1つ:20000円
20000-50000円 徹底的対策なら年単位保証付き業者を、部屋単位で契約。簡易的対策なら、家はバルサン、衣類は太陽光/乾燥機/熱処理。皮膚の弱い人が家族にいるかどうかで、化学的薬品を使うか判断。
ネズミ 生息エリア1つ
家庭(店舗)ごと
生息エリア毎:500-30000円
(手法次第)
家庭:30000-80000円
店舗:100000-250000円
定期契約は引き受けていないケースがほとんど。部分対策作業ごと、あるいは一連の根本対策作業ごとに、報酬をお支払するケースが多い。根本対策なら、年間3-6回程度の作業が普通。 部分対策なら数千円から数万円単位。防鼠工事 (ネズミが出入りする穴塞ぎ)といった根本対策に、10数万円かかる場合が多い。鼠駆除用の超音波発生装置と粘着マットを併用すれば対処可能できるケースもあり。しかし、非常にやっかいなので、根本的対策を業者に依頼するのがベスト

被害が深刻でない場合、ネズミ以外の生物は自力対処できます。しかし、被害が深刻な場合、あるいはネズミの被害にあっている場合は、業者に依頼した方が無難です。業者に依頼する場合、地域密着型の専門業者の中から比較検討すれば、大きなミスなく、比較的低価格に害虫駆除できるでしょう。以上まとめでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.