野菜不足バスターズ

パパッと野菜不足を解消するための お助けサイト

【野菜不足で下痢に便秘に】緊急入院して食事の大切さを実感

【体験談】地方都市の会社で営業職を数年やっていた私は、転職の機会に恵まれました。期待に応える責任感で、身体や食生活に注意しておらず、慢性的な野菜不足でした。まさか搬送されて緊急入院するだなんて、私は思ってもみませんでした。その兆候は、繰り返される下痢と便秘、そして肌の吹き出物だったのですが…

スポンサーリンク

実家がある地方都市で勤務していた頃の 恵まれた食生活

実家がある地方都市で、私は実家近くのアパートにひとり暮らしをしていました。特に夕食に関しては、時間に関係なく実家でたべておりました。純和風な食事で栄養バランスの整った、目でも美味しく感じられるほどの食事内容でした。

朝食はプロテインだけを飲んで午前中の仕事をこなし、昼食は脂ギトギトの大盛りラーメンか揚げ物の定食がメイン等の外食でした。自宅で料理する事は全くなくて、ましてや栄養を補う為にスーパーに行って食材を自分で買うという発想はありませんでした。

転職後に苦労したのは食生活。慢性的に野菜不足の日々

その後、私は大都会で勤務する事になります。大都会での生活経験は一度も無く、若干の不安が頭をよぎりました。ですが、「気力や体力、やる気があれば、充分やっていけるだろう」という勝手な判断の元、新しい生活をスタートさせました。

当時の私は、なんというか、、、若かったのです。仕事の忙しさと、期待に応える為の責任感が重なって、自分の体の健康、栄養に関しては気にする必要性すら感じていませんでした。

取引先で突然のめまい

そんな時に、営業先で突然めまいと胸の苦しさに襲われてうずくまっていた所、心配して下さった取引先の社員さんが数人駆け寄って下さり、設置されているAEDまで準備して救急車を呼んで下さいました。

搬送された病院で、検査の結果、栄養状態の悪さ、過労が主な原因で血液がドロドロ状態で血の流れが非常に悪く詰まり明けている箇所が数かありましたので、即入院して下さいとのこと。

治療と並行して、食事の見直し改善を指導され、ビタミンやミネラルを有効的に摂取できるよう野菜中心の食事となりました。今までは小鉢についたサラダや野菜がタップリ入っているラーメンなどで野菜不足は十分補い、足りていると勘違いして事が改めて実感できました。

危険信号は 下痢に便秘、肌荒れ、吹き出物などだった…

今思うと、こんな大病をする前に沢山の危険信号は出ていました。例えば便秘と下痢の繰り返し、異常な肌荒れとカサツキ、全身に出る吹き出物、(化膿して膿がたくさん出ていた)

仕事中の集中力の低下と、精神的な不安定感、恐怖症も確かにありました。これも食事の乱れが主な原因と自覚して、退院後は外食を極力なくしながら、自分で買い出しを行って野菜中心の食事を摂るようにしました。

食事の補助になる栄養補助食品を 手探りで探す 日々

それに合わせて、もっと手軽にしかも効率的に野菜の栄養素が摂れないものかといろいろ探しました。野菜サプリだったり、野菜ジュースだったり…。ただ、これらは私には合わなかったみたいです、苦笑。青汁のサンプルなども、いくつか自分で試してみました。

そんなある日、 大麦若葉 入りの青汁 に出会いました。私には、たまたま あったのかもしれません。みるみる内に、体調は良くなってきて、仕事の効率も あがるようになってきました。

現在では 1日3回食前に必ず飲んで、野菜不足を補っています。

  • スポンサードリンク

    スポンサードリンク



スポンサードリンク

サイトマップ