Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

野菜不足バスターズ

パパッと野菜不足を解消するための お助けサイト

【子供は葉物野菜嫌い】なぜなのか理由を観察して克服させた話

【体験談】全般的に野菜嫌いの子供と、うちの子は違いました。なぜか、緑の葉物野菜が食べられなかったんです。その理由がなぜなのか、理解するのに時間がかかりました。でも、この時の経験が、自分の子供にあった解決策を生み出すのに大切なんだなと、私は体験しました。

スポンサーリンク

これは、その時の話です。

野菜の味付けや切り方などの工夫を凝らすも、決定打が見つからず

我が子は、なぜだか緑の葉物野菜をほとんど食べませんでした。

トマトや人参、大根、ジャガイモ、トウモロコシ。赤や黄色、白色の野菜は食卓に並ぶとそれだけを食べお代わりし続けるほど大好きなのに、、キャベツやレタス、きゅうりに水菜にほうれん草。緑色の野菜と分かると顔を背け一切食べようとしてくれませんでした。

どうにか緑の野菜を食べて欲しくて味付け、切り方、火の通し方、様々な工夫を凝らし調理しましたが、どうやっても全力拒否。シャキシャキとする食感が嫌なのか、緑野菜独特の青臭い味が嫌なのか、食べてくれない理由を探し続けました。

「緑色」な野菜の、見た目だけ苦手なんだと気がつく

諦めかけたとき何気なく食卓に並べた青椒肉絲。どうせ食べてくれないんだろうと娘にはピーマン抜きでよそったお皿を差し出す、、すると「おいしいねぇ!」と言ってはもつもつと食べる!赤パプリカ黄色パプリカ、黄色いたけのこ!そこで私は閃めいたんです。

ピーマンは食べないのにパプリカは食べる?!そうです、娘が緑野菜を食べなかった理由。味でも食感でもなく、そう、色です!!緑色!緑野菜の緑の部分!娘は緑色が嫌いなだけだったんです。

「緑の見た目」が見えないように、工夫して野菜を調理

当時は離乳食から茹でた野菜をすり鉢ですりつぶし、小分けにし冷凍し、、おしみなくかけた手間と時間をものの3秒で水の泡とする緑野菜嫌いの娘でした。どうにか食べて欲しいけど、無理に食べさせて克服できないほどのトラウマにもさせたくないため、娘が食べたいものを食べたいだけ与えていました。

特に好きだったのは人参で、煮物や味噌汁、カレーやシチュー、手間暇かけて作っても娘は「人参おかわり」といっては人参だけをもくもくと食べていました。消化しきれなかった人参はそのままウンチとなりでて、保育園の先生が驚いて連絡をくれるほど。

好きな野菜はとことん食べ、嫌いな野菜はとことん食べない娘の乳児期でした。緑色が嫌だもわかってからはもう楽勝。緑が見えないように調理し、隠ぺいし、今ではおいしさもわかってくれたのか、2歳半で緑のままでも食べてくれるようになりました。

「その子だけにピッタリな解決策」を 観察と試行錯誤で 作り出そう

超偏食の野菜嫌い娘でしたが、緑野菜もたべれるようになった今でも、人参は大好物で調理前の細切りにしただけの人参もポリポリつまみ食いしています。人参が食卓に出る日はほぼ人参で終わってしまう食事。

そんな日もたまにはありかなと、好きなものを好きなだけ与えてしまう、親バカでした。

  • スポンサードリンク

    スポンサードリンク



スポンサードリンク

サイトマップ