Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

野菜不足バスターズ

パパッと野菜不足を解消するための お助けサイト

野菜嫌いな大人の私は、かつて克服する気ゼロだった

【体験談】子供の頃は、親や先生などの大人たちの手前、食事で出された野菜類は嫌だなぁと思いつつも、がんばって食べていた記憶があります。でも、若手社会人になった私は、つい最近になるまで、結構ズボラな食事をしていました。

スポンサーリンク

野菜嫌いな自分を治さないままの若い頃

大人になったら、いまさら親や先生に怒られるわけでもないし、仮に誰かに何か言われたとしても、「そんなの人それぞれだろ」って感じでだんだんと自分の好きな物しか食べなくても良いという環境になってきます。だから、かなり長い間 無理して食べるという事をしていませんでした。

「ジャガイモだって、立派な野菜だし」とか言いながら、ポテトチップスやフライドポテトを食べ続けたり、「マヨネーズかければ、みんなサラダだ」みたいな感じで、ポテトサラダをつまみにビールを飲むなんてことも、よくある話ではないでしょうか?

野菜嫌いの人でも、キュウリって食べれる人が多いような気がします。むしろキュウリは大好きみたいなことも多いような。観光地とかに行って、キュウリを一本丸ごと漬けてあるのを、道端で買って食べるのは美味いですよね。

 

そんな生活を続けていると、待っているのは「健康診断」での「要再検査」だった。なんていう人も多いのではないですか?私もそんな一人でした。

でもやっぱり、身体は正直です。前日の夜だけ節制したところで、血液検査はごまかせません。血液検査する時の値は、あまり良い値ではなかった、、苦笑。

若い頃の私は、こんな生活をしていました。

“大人” の私は、なぜか自然と 自分なりに取りやすい野菜の食べ方を模索

そんなこんなで、若かった私は 自分の好きな物しか食べない生活をかなり長く続けてきました。ですがそんな私も、もっと歳を重ねて 若者から “大人”になります。とくに言われなくても、野菜不足を肌で感じた私は、自分から野菜を欲するようになってきます。

不思議ですよね。味がどうこうではなく、体の機能的に、自然と「野菜を食べなくちゃ」というか「野菜が欲しい」って感じになってくるものなんです。テレビや雑誌で、こういう時には、この野菜がいいみたいなのを目にすると、次の日にはその野菜を買いに走っているんですよね。

もちろん、食べてみて美味しいということもあるのですが、味には別に感動しなくても、とにかくその野菜の成分を体の中に入れたいってなるんです。やっぱり人間の体には野菜が必要なんだなぁと実感してくるんです。

野菜不足を手っ取り早く解消するものと言えば、やっぱり 青汁 か 野菜ジュース ですね。これは、どちらかは毎日採るようになりましたね。手軽なので、続けやすいです。

冬は野菜ジュースより鍋のほうが美味しい

ただ、冬になると 野菜ジュース はちょっと、おなかに来そうな不安もあります。そんな寒い冬は、鍋 でたくさん野菜をとれます。

若い頃は、鍋の具材のメインはやっぱりお肉でしたが、いまでは野菜を美味しくたくさん食べられる最強のメニューが鍋料理だと思っております。とにかく鍋になんでも、野菜をたくさんぶち込んで火にかけるだけで簡単に作れますから、ありがたいです。

夏は生野菜のサラダも食べたりします。ただ、私はサラダが苦手であんまり沢山は食べられません。冬の鍋シーズンの方が、よりたくさん野菜を食べられている気がします。それでもやっぱり苦手な野菜もありますが、そこは 青汁 に頼っています。

子供の野菜嫌いも、本人の身体が欲するまでは放置でOK?

子供が野菜嫌いで困っている方も多いと思いますが、放っておいてもそのうち自ら欲する日が
くるものですよね。

もっと、もっと、より小さいうちから、野菜ジュースなんかを飲みつけていると、野菜が好きな子供に成長する子もいるようですが、やっぱりそこも人それぞれなんでしょうから、あんまり目くじら立てて怒らなくっても必要な時が来れば、自分から食べるようになるんじゃないでしょうかね。

あくまで単なる一意見ですが、私はそんな事を思います。

  • スポンサードリンク

    スポンサードリンク



スポンサードリンク

サイトマップ